賃貸住宅からの引越しに際しての敷金返還の問題

今まで住んでいたアパートやマンションなどの賃貸住宅を引き払って引越しをする、という場合に必ず出てくる問題が、敷金返還の問題でしょう。
この敷金というものは、賃貸住宅を借りる契約締結時に支払う保証金、つまりは、賃借して住むことになった建物に許容される範囲以上の損傷を与えた場合に対する担保、としてのものですから、引越しするために契約を解消して退去する際には、そうした損傷がなかった場合には返還されるお金、というようになっているわけです。


しかし、実際にはその許容される範囲以上の損傷があったか否かについて、家主側と賃借人の側との解釈の違いから、損傷ありと見做されて敷金返還がなされずにトラブルになる、といった場合も少なくはないわけです。



壁に穴を開けてしまった、というように明らかに許容範囲を超えた損傷があった場合ならばともかく、傷や汚れの程度といった場合には、その解釈次第で、許容範囲内であるかそうでないかは、どちらにも解釈できてしまうからであり、そうした場合には家主側の解釈で敷金返還がなされず、納得できない賃借人との間で揉め事になってしまう、ということがよくあるのです。

引越しをする場合には、今まで住んでいたところとの関係は円満に終了させたいわけですが、こうしたトラブルになってしまうと、その結果がどうであれ、非常に後味の悪いものとなってしまいます。



しかし、この敷金返還の問題は、家主や賃借人双方の性格の問題などもからんでくるために、一概にどうとは言えないやっかいな問題とも言えるのです。